第2コーナー 主なブロック解説

(子供向けに作成された入門編はNHKさんが作成したものがあります。 http://www.nhk.or.jp/school/programming/movie/06.html

命令のブロックの内容はデフォルトで表示されています。数字は±自由に変えられます。また数式でも記入は可能です。プルダウンで内容が表示されるものもあります。ここでは理解の助けになる主なブロックの解説をします。ご自身で体得するのが重要です。

☆ステージの座標

-240<X<+240

-180<Y<+180

限界値は図形の大きさによる。

➡ステージにはいるかどうか

 


https://scratch.mit.edu/projects/243732394/

☆ステージ上に変数(項目)の表示

 対象となるブロックの左コラムをチェック。数字のみ大型表示も可

。項目が複数の場合、右図のようにプルダウンし、項目ごとに表示/非表示を決める。スプライトごとに設定できる。

 


☆色の効果 

0<200 で一巡。上下限なし。0(基準色)をベースに色が変わる。白と黒は変化なし

 



☆色の設定

ブロックの色の部分にカーソルを持って行くと手のマークに変わる。そのままマークを希望の色のところまで持って行くと、ブロックの色の欄が変わる。Ver.3.0では簡単化されている。